山口県萩市・山口市・宇部市の注文住宅・住宅リフォーム、デザイン住宅・無垢材健康住宅 | suiken 株式会社水建

お問い合わせ:0838-22-1268

blogブログ

2016年04月25日

ひだまり house。

皆様 こんにちは。

 

5月の完成に向け 着々と進行しております

ひだまり house。

 

IMG_3143

IMG_3144

IMG_3138

IMG_3140

IMG_3136

IMG_3142

この度の お宅はH27地域型住宅グリーン化事業において

ゼロエネルギー住宅として認定され

国交省より175万円の補助金を受給されます環境配慮型の 田舎もんの家となっております。

この機会に ぜひご覧くださいませ。

開催日は 5/14(土)・15(日)です。

 

 

さて、話は変わりますが

この度の 熊本地震において

犠牲になられた方の8割は建物の倒壊によるものであるという

調査結果を目の当たりにしました。

(未だすべての半壊、倒壊の調査結果はでておりません)

更に、その建物の大半が旧耐震基準(1981年基準改正)建物であるとの事です。

新基準建物においても数棟の被害があるとの事ですが

これらの事から

地震から命を守るという観点において

建物の耐震化という事が いかに大切かという事が良く分かります。

全国の住宅の耐震化率が79%に対して

熊本県では76%であったそうです。

この近年、地震が少ないというデータのみで

楽観する事は 非常に危険で

改めて 地震列島であるという国家単位の問題として

建築というモノを考えていかなければならない事を

再認識した記事でした。

新築はともかく 既存住宅においての耐震化工事には

費用もそれなりに必要となり

1棟150~200万円とも言われております。

見た目で変化のあるリフォーム工事と異なり

見た目は殆ど変らず安心、安全という精神面と事後保険に

費用を投じる事も普及率向上のネックとなっているのでしょう。

自治体により耐震化に補助制度がありますが

(山口県では最大60万円と既存住宅の無料耐震診断)

これらの活用とススメを強化し、建物の耐震化を図っていきたいと考えています。

ご相談がある方は 遠慮なくお尋ねください。