山口県萩市・山口市・宇部市の注文住宅・住宅リフォーム、デザイン住宅・無垢材健康住宅 | suiken 株式会社水建

お問い合わせ:0838-22-1268

blogブログ

2019年12月21日

皆様 こんにちは。

 

現在 インフルエンザが猛威をふるっておりますが

皆様方のご家族ご地域は 如何でしょうか?

 

もれなく我が家でも

インフルエンザ化した小さな怪獣(下の息子)と戦いの日々が続いております。

マシンガンの如く 家中の加湿器とプラズマクラスターを持ち出し

防御もしっかり 常に家族はマスクをし

いつ攻めらるか分からない緊迫した状況

小さな怪獣が近づくと万全の警戒態勢

そんなこんなで

まだ被害者は 出ておりません。

 

今日で4日目 まだ、戦いは継続中。

そんな予断を許さない中

本日 萩市内にて A様邸の地鎮祭を執り行いました。

A様 大変おめでとうございました!

何とか こちらの都合で日程変更とならず

安堵しております。

 

年明けより本格的に工事開始致しますが

どうぞ 楽しみにお待ちください・・・

いよいよA様邸 始動!

来年の6月完成に向けて

安全第一で工事を進めてまいります。

 

戦いの行く末は 如何に・・・

2019年12月16日

皆様 こんにちは。

 

今年で10回目を迎えますsuiken感謝祭

滞りなく盛大に開催出来たコト

大変ありがたく 感謝の思いでいっぱいです。

行う事が大切ではなく

行う事が出来た事がとても意義があったのだと

終えた今 深く思う 心境であります。

まさに 有るが難しい

有難う。。。

10年 継続して 開催出来たのも

ひとえに ご愛顧頂いた全ての方々ご依頼頂いたオーナー様達のお陰です。

こちらの都合上 全てのお客様をお呼びする事が出来ないコト

申し訳ない限りですが

引き続き

全てのオーナー様に

ひとつひとつ恩返しを努めてまいりたいと思います。

 

さて、会の方には

毎年恒例の浜サンタや吉トナカイも来てくれ

盛り上げて頂きました!

激辛コロッケ ロシアンルーレットでは

オーナー様にも ご参加頂き

会を盛り上げて頂きました!

毎年恒例の スタッフ年齢あてクイズは

鉄板の盛り上がり

喜ぶスタッフ

落ち込むスタッフ

笑うスタッフ

オーナー様から どう見られているのかが

垣間見れ とても新鮮でした。

距離感もグーッと近づいた様です。

あんな事やそんな事

いろいろあった一年間を振り返り

たくさんの経験をさせて頂けた事

本当に感謝するばかりです。

これから先

ひとつひとつ大切に積み重ね

会社も感謝祭も

ずっとずっと継続出来るよう

精進してまいりたいと思います。

 

たくさんの方に この一年間 大変お世話になりました。

感謝祭のご報告と共に

全ての方に 感謝申し上げたいと思います。

一年間 どうも有難うございました。

2019年12月09日

皆様 こんにちは。

 

年の瀬が近づいてきました昨日

私は、地元開催の萩城下町マラソン ハーフの部に

4年ぶりに参加しました。

30歳を超えて日頃の運動不足の解消にと

始めたランニングの延長で

何度か参加していましたこの大会

これまでは

楽しみながら完走出来れば良い程度の練習で本番を迎えておりました。

 

でも、今年は少し気持ちが違ってたのです。

それは、高校2年生の娘も参加するから・・・

彼女は、

小さい頃から スポーツクラブに入っているわけではなく

運動は全くと言っていい程 やってない

中学校卒業するまで吹奏楽を行う バリバリの文化系女子です。

しかし、 そんな彼女が

突如 高校に入り 文化部には入部せず

何を思ったか陸上部へ

無謀だろと思うくらい

親が心配する 無鉄砲な女子へと変貌

そんな 彼女が参加するという事で

1年半でどの位 成長したのか楽しみでありました。

 

まあ、40歳を超えたとは言え

曲がりなりにも

学生時代は 適当にスポーツは出来たという自負を持ち

現在も趣味程度ですが ランニングは継続し

この大会にも数度参加している父親

 

彼女の力量のお手並み拝見とばかりに

この2か月間は 練習のピッチを上げ

少し娘のハードルを上げてやろうと

大人げなくも企んでおりました。

 

大会は スタートし

2か月間の練習の成果もあり

私は出だし快調に・・・

想定通りの走りをし レース中盤に

地元開催という事で

知人の応援もあり

たくさんの方が声をかけてくれます。

そんな中 「○○ちゃん(娘の名前)に 追いつかんにゃ~」と

そう彼女は ただの無鉄砲女子では無く

私の前をひたすら走る無謀な無鉄砲女子の様です。

 

とはいえ、私は

数度 ハーフもフルも経験している人間

前半飛ばしては、後半きついぞと

ペースは飛ばさず

心の声を飛ばしながら

どこで 追いついて声をかけてやろう

肩でも叩き 軽く一声かけてやろうかと

そんな 親父のかっこいい所を

どう見せてやろうかと

そんなこんなの妄想レース

想定内のペースで淡々と後半へ・・・

 

レースは、残り 3KMを切りましたが

一向に娘の姿は現れません。

少しずつ気持ちに違和感を覚えだした

その頃、

気が付けば親父の脚は 限界寸前っ

息も上がりだし

脳裏をよぎるのは 自分のゴールの事だけ・・・

それでも、やる事だけはやりたいと

最後の長い上り坂を 何とか駆け上がり

想定したタイムで 私はゴール

家族に迎えられ

達成感と同時に湧いてくる娘の顛末

余韻と心配が交差する中

下の息子が一言 「○○ちゃん もうゴールしたよ5分も前に・・・」

無鉄砲女子は

この1年半の間に 親父を超すという

(私の中では)偉業を果たし

無鉄砲ではないどころか

ライフル銃を持った女子へと進化していたのです!

振り返れば 何かに特化した才能があるタイプというより

何事もコツコツと積み上げ成果を出すタイプの彼女は

おそらく自分でも気が付かない中で

彼女固有の大きな力をつけていたのでしょう。

 

さあ、次の親父は

どんな壁であろうかと・・・

大人げない自分と娘の可能性に笑いが出てきます。。。

 

でも やっぱり少し悔しいので

来年は もっとトレーニングして

娘にチャレンジしたいと今綴りながら誓いました!!

 

何はともあれ、娘も自分もお疲れ様っ!